銀行にはどのくらい税務署が調査にくるか

銀行にはどのくらい税務署が調査にくるか

こんにちは。税務調査に詳しい税理士事務所です。 先ほど、某地方銀行某支店の方とお会いする機会があったので、 実際どうなのか、聞いてみましたw
「税務署って、月に何回くらい銀行口座情報の照会にきますか?」 「どのくらいの年齢の人がきますか?」 「やっぱり予告なく突然くるのですか?」 「どのくらいの時間確認してくのですか?」 「調査官の態度はどんな感じですか?」

聞いてみた結果

「税務署って、月に何回くらい銀行口座情報の照会にきますか?」  ⇒月に2回くらいくるそうです。 「どのくらいの年齢の人がきますか?」  ⇒20代〜40代の方がくるそうです。   1人〜3人くらいでくるそうです。 「やっぱり予告なく突然くるのですか?」  ⇒予告なく突然きます。   実は、銀行よりも税務署のほうが立場が強いのです。   だから、予告なく突然きます。   予告したら、隠したりもできてしまいますからね。   半沢直樹の中でも、疎開資料のシーンなんかがありましたよねw 「どのくらいの時間確認してくのですか?」  ⇒2時間くらいのときもあれば、1日いるときもあります。 「調査官の態度はどんな感じですか?」  ⇒やっぱり態度がでかいそうです。   税務調査の現場では、最近は態度がでかい調査官はあまりいませんが、   銀行に行く時は、普段肩身がせまい?からか、態度が大きくなるのかも   しれません。

おまけ 銀行員のノルマ

よく、銀行で融資を受けたあとや受ける際、 出資を依頼されたり、クレジットカードを作って欲しいと依頼されたり、 生命保険に加入してほしい、などいろんな依頼がありますよね。 ほんとーに厳しくなれば、そんなことしてても、 融資が通りやすくなる、なんてことはありませんが、 どのくらいのノルマがあるのか聞いてみました。 それによると・・・クレジットカード作成は、半年で20件だそうです。 その支店の場合ですがね。これは店舗や銀行によっても営業スタンスに 差があるようです。 以上、税務調査に詳しい税理士事務所がお届けしました。

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査 を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と 思うことがよくあります。 税金・税務調査の世界は 知っているか、知らないかだけの違いで、 大きく損をしてしまうことがあります。 税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ 情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`) 税務調査交渉術 確定申告節税ノウハウ 税務調査
 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談