過去、一番簡単だった税務調査

過去、一番簡単だった税務調査 名古屋の税理士

こんにちは。名古屋の税務調査専門の税理士事務所です。

 

うちの事務所では、初めて税務調査が入る!
とても不安なので、税務調査に同行お願いします!
というお問い合わせをたくさんいただきます。


今日は、実は税務調査はそんなに怖がらなくても(まじめにやっていればですが・・・)
大丈夫ですよ、という事例を紹介したいと思います。

 

過去、一番楽だった(簡単だった)税務調査

 

設立3年が経過した直後の法人の税務調査でした。
税務調査にやってきたのは、25才の若手職員でした。
一人できたのにも驚きでした。

 

(普通、ベテランの調査官と二人でくることが多い年齢です)

 

調査当日、通常だと1時間くらい会社の概況について雑談から入るのですが・・・
まだ調査開始前のトークもうまくないようです(下手でした)。
特に何かを雑談から探ろう、という雰囲気もありませんでした。

 

10分くらい雑談して、
「それでは帳簿をチェックしますので、帳簿を貸してください」

 

と言われ、総勘定元帳を渡しました。

 

1日目。
以上です。

 

若手調査官の方は、何やら一生懸命帳簿を1日確認していました。
特に何かを聞かれることもありませんでした。
通常、こんなことはありえませんw

 

2日目。
帳簿はチェックし終えたようで、返却されました。
次に提出したものは、契約書と請求書、領収書関係です。

 

この日も、勝手に何やらチェックしています。
お昼休憩があり、午後になって指摘がありました。

 

どんな指定かというと・・・
契約書と領収書に印紙がないものがある、という内容でした。

 

印紙がいるという根拠条文は何ですか?と尋ねると、
印紙税法の○○条にてらして、この書類には印紙が必要です、
としっかりと答えてくれました。

 

これは、もっともな指摘でしたので、
こちらも文句の言いようがありません。

 

占めて、1000円分の印紙税漏れを指摘されました。

 

結局、その後も特段何かを指摘されることなく、
税務調査は無事終了しました。

 

お金をいただいて税務調査に同行させていただいているので・・・
ほとんど仕事のない税務調査だったので、なんだか社長に対して
少し申し訳ない気持ちになるくらいでした。

 

このように、全ての税務調査がマルサの女のように、
ガリガリと調査され、脅されたりしながら、多額の税金をぶんどられる
わけではありません。

 

税務調査がくることになった!どうしよう!!
と慌てる必要もありません。

 

自分の申告について、調査官にしっかりと事実を伝えて納得してもらえば、
追加で税金を取られず終わるケースも多々あります。

 

それでも、初めての税務調査で不安だ!というときは、
名古屋の税理士事務所までお気軽にお問い合わせください。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談