漫画家の税務調査

漫画家の税務調査

こんにちは。税務調査に詳しい税理士事務所です。

 

今日は、漫画家や同人作家、イラストレーターのかたの税務調査について紹介したいと思います。
そもそも、税務調査はどうやってあなたが稼いでいるのを見つけるのでしょうか?


税務調査はいろんな会社に入ります。
その中で、出版社や印刷会社へ税務調査が入ることもあるでしょう。

 

出版社や印刷会社に税務調査をする際、その会社を調査するだけでなく、
その会社の取引先の情報も調査官は集めています。

 

そして、取引先の中で金額が大きいにもかかわらず、
確定申告がない人や、出版社が払っている金額に対して確定申告書上の売上が少ない場合
などに怪しい!と目星をつけられてしまうことになります。

 

また、出版部数が増えて露出が増えれば(世間の話題になるほど)
税務調査がくる確率は高くなります。

 

また、人気が出てくると、同業者(仲間?)が妬みから密告することもあるでしょう。
これ、実際にあるそうです。ほんとに。

 

実際に税務調査がくるとどうなるのか?

 

税務調査が来た!場合、どんなことがチェックされるかというと、

 

 ・売上の漏れはないか?
 ・在庫の計上もれはないか?
 ・経費のなかにプライベートな出費が含まれていないか?
 ・税金の計算を間違っていないか?

 

といったことがチェックされます。

 

一番すごかった?方は、原稿料が出版社から振り込まれてくる際、
すでに源泉所得税が引かれているので税金は支払済みだ!とおもって何も
されていない方がいました。

 

源泉所得税が引かれていても確定申告は必要ですよ( ´∀`)
ついでに、むしろ税金が返ってくることもありますよ。

 

売上の計上漏れに関しては、出版社からの入金の他、
コミケで販売をした場合なんかが確定申告の際、漏れてしまうケースがあります。

 

売上の中にコミケの分が見当たらない場合、調査官に指定されます。
ちなみに・・・最近はネットやブログでコミケ情報もチェックできます。
だから、あなたがコミケに参加しているのも把握されていることでしょう。
(最近の調査官はネット・ブログなどもチェックしてますよ♪)

 

しっかりと売上漏れがないようにしておきましょうね( ´∀`)

 

次に在庫の計上漏れです。
例えば、未使用のペンやインク・原稿用紙・トーンにホワイト。
これらは貯蔵品として在庫をカウントして計上する必要があります。
未使用のものは、経費とすることができないのですが、
買ったときに消耗品として全額経費にしている場合は・・・
もれなく税務調査で指摘されていまいます(T_T)

 

最後に、経費のなかにプライベートなものが含まれていないかどうか
チェックされます。

 

漫画家や同人作家、イラストレーターのかた同士で情報交換のため、
飲食した場合は経費になります。しかし、友人や家族との食事や旅行、
服や靴、クリーニング代といったプライベートな出費は経費になりません。

 

よくあるのが、観光地のホテルでの宿泊に関する領収書。
だいたい、家族でいったことが税務調査の際にバレます。

 

気をつけてくださいね。
税金のことで困ったときは、お気軽にご相談ください。
自分なんかが税理士に相談して大丈夫か!?とか思う必要はありません。
漫画家さんの確定申告も担当させていただいてますが、最初来ていただいた際は、
すごく遠慮されてました。

 

うちの事務所には、某有名漫画のアシスタントをしていた人もいます。
だから、詳しいですよw

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

税務調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロいジャンルでも、遠慮は無用です( ´∀`)

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談