家賃を半額経費にしてたけど、実際はそんなに使ってない・・・

家賃を半額経費にしてたけど、実際はそんなに使ってない・・・名古屋の税理士

個人事業主の方で、自宅家賃を経費にしている方も多いのではないでしょうか。

 

そして、実際に仕事で使っている割合よりも多めに経費にしていたりしませんか!?

 

税務署から、税務調査するぞ!!
と電話がかかってきた方のために、こんなときどうなってしますのか?

 

紹介したいと思います。

自宅を経費にしている割合が多すぎるとき・・・

 

家賃を半額経費にしてたけど、実際はそんなに使ってない・・・

 

私が税務調査官だとしたら、
あなたの家に税務調査で訪問します。

 

そして、実際の仕事場を見せてもらいます。
次に、実際の仕事場の面積を計算します。
不動産会社などから、物件の間取りを入手して、
正確に計算します。

 

このようにして、実際に仕事で使っている面積と
家全体の面積の割合を算出します。

 

あなたが家賃を経費にしていた割合と、実際に仕事で使っている面積の
割合を比べて、実際の面積のほうが少ないようであれば、

 

『実際よりも家賃を計上しすぎですね。
 実際の家賃使用割合で計算すると、これだけ経費が減ります。
 だからこれだけ税金が増えるので、追加で払ってください』

 

と主張します。

 

ここであなたが私の主張を覆せない場合、
追加で税金を支払うことになります。

 

調査官の主張が納得できない場合

 

ところで、調査官がこれが実際の使用割合となるため、
追加で税金を払え!と言ってきた主張に納得できない場合もあると思います。

 

そんなとき、どうしたらよいか紹介します。

 

結論:実際に使っている割合が調査官の主張より多い場合、
   自分が計算した根拠を示し、調査官を納得させます

 

例えばですが・・・
家に部屋が4つあったとします。

 

現在仕事で使っている部屋は1部屋です。
過去使っていた部屋は2部屋です。
調査官は現在の使用割合で25%が経費だ!と言ってきたとします。
自分は、過去の使用割合50%だと思っているとします。

 

この場合は、過去に部屋を4部屋使っていたぞ!
と自分が証明しなければいけません。

 

例えば・・・現在議論の対象となっているときの部屋の
写真が残っていたとします。日付もばっちりついてます。

 

このような資料があると、主張しやすいですね。
一番いいのは、どらえ●んのタイムマシーンで調査官と当時
まで遡ることができたら最高なのですが・・・

 

さすがにそれは無理です。

 

当時の写真があればよいですが、
写真がなかった場合のことも考えてみましょう。

 

例えば、現在議論の対象となっている2部屋使っていたとき。
このときは、現在の事業に加えて、もう一つ事業をしていたとしましょう。

 

たとえば、せどりをしていたとします。
せどりをしていた場合、当然仕入れた商品を置いておく倉庫が必要ですよね。

 

決算書にも在庫が100万円残っていて、
アマゾンやヤフーオークションからの入金記録も残っていたとします。

 

とすると・・・1部屋をまるまる倉庫として利用していたことが
容易に想像できます。

 

状況証拠になってしまいますが、このような主張も可能だと思います。
あとは、自分の場合だったら、どうやって説明したら調査官は納得してくれるだろう?
と考えながら調査官の質問・主張に回答していくことになります。

 

以上、名古屋の税理士事務所がお届けしました。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

注意点:税務調査のことをざっくりと知ってもらい、不必要な不安・恐怖を減らす
ことを目的としています。細かい税法上の話とかは省略しています。一切責任はとりません。

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談