妻(配偶者や家族)名義のクレジットカードの税務調査での扱い

妻(配偶者や家族)名義のクレジットカードの税務調査での扱い 名古屋の税理士

個人事業をされている方の中には、
奥さんや家族のクレジットカードを仕事用の経費を支払うために使っているケースがあります。

 

これは、税務調査の際、経費として認めれられるのか?
というご質問をいただきましたので、税務調査でどうなるのか紹介したいと思います。

家族名義のクレジットカードで支払った経費の扱い

 

家族名義のクレジットカードで支払った経費も、
個人事業の経費とすることができます。

 

ただし、要件があります。

 

まず、クレジットカードの明細が残っていること。
そして、何に使うものであるかが説明できること。

 

妻(配偶者や家族)名義のクレジットカードの税務調査での扱い 名古屋の税理士

 

税務署は、税務調査の際、何を知りたいかというと、
あなたが経費として計上しているものが、本当に仕事で使っている経費なのか?
ということの確認をしにきているのです。

 

ですので、クレジットカードの名義が誰名義なのかはそこまで重要ではないです。

 

実際の税務調査の場面でも、クレジットカードが家族名義であることを理由に
経費から除外されたことはありません。

 

ただし、家族名義のカードで支払ったもののなかに、プライベート利用のものが
まざっていて、それまで経費にしていた場合には、その分は経費から除外されます。

 

家族名義のカードを使って、その支払いを経費にしたい際は、

 

 ・最低限、その家族名義のカードは仕事関係の支払いのみにしておく
 ・その家族名義のカードの引き落とし口座へ、あなたの名前でぴったりの額を振り込む

 

という対策をしておけば、完璧だと思います。
ここまでやっておけば、無駄なツッコミをされることもなくなります。

 

ぱっとみて、カードの明細の中身が(家族名義だけど)全部仕事の経費のみであることが確認でき、
振込記録からも単純にカードを借りているだけなんだね、と確認できるからです。

 

クレジットカードは、誰でも作れるわけではありません。
過去にクレジットカードの支払滞納なんかがあったりすると、
クレジットカードの申込をしても断られてしまうケースがあります。

 

ですが、支払いはクレジットカード払いしか受け付けていないケースもありますよね。
この場合、仕事をするためにはどうしてもクレジットカードが必要になってきます。

 

このように、どうしても家族名義(妻や配偶者、兄弟など)でクレジットカードを作って、
仕事用に利用せざるを得ないケースもあると思います。

 

ですので、税務調査の際もそこまで厳しく突っ込まれることはありません。

 

以上、名古屋の税理士事務所がお届けしました。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談