金券ショップで安く購入した商品券と税務調査

金券ショップで安く購入した商品券と税務調査 名古屋の税理士

昨日いただいた質問です。

 

金券ショップで1000円の商品券を950円で購入しました。
その後、1000円の消耗品を商品券を使って購入しました。

 

経費として1000円計上してもよいですか?

 

という内容です。


結論:950円で経費計上する

 

これ、1000円の商品券で1000円の消耗品を購入しているので、
確かに1000円で経費に計上したくなります。

 

しかし、税務調査で仮にこの事実が見つかると、
100%追加で税金の支払いを求められます。

 

なぜなら・・・実質950円で購入しているからです。

 

経理処理をするとしたら、例えば

 

商品券 1000円 / 現金 950円
          雑収入 50円

 

という経理処理をすることになります。

 

金券ショップで安く購入した商品券と税務調査 名古屋の税理士

 

1000円の価値があるものを950円で購入し、
雑収入が50円発生した、という意味です。

 

そして、消耗品を購入した際に

 

消耗品費 1000円 / 商品券 1000円

 

と経理処理をします。

 

この2つの仕訳を全体で見ると、

 

消耗品費(経費)が1000円発生し、雑収入(商品券を安く買って得した利益)が50円発生。
トータルすると、950円の経費が発生しています。

 

という経理処理になります。

 

950円で商品券を買ったことは税務調査でバレるの?

 

このようにお話すると、中には、
安く金券ショップで購入したことが税務調査でバレるの?

 

バレない気がするのですが・・・
1000円で経費にしたらダメですか?

 

とおっしゃる方がいます。
これは事実と異なる金額を経費にしていることになるため、脱税です。

 

確かに、バレない気もしますが、
中にはレシートの中に商品券利用と明記されるところもあると思います。

 

このように商品券を利用していることがうかがい知れるレシートが大量にあれば、
税務調査官が金券ショップで安く購入しているのでは?

 

と疑ってくる糸口になります。

 

特に、せどりをされている方などがアマゾン商品券を大量にヤフーオークションなどで
落札して、AMAZONの仕入で利用している場合などはバレやすいです。

 

なぜなら・・・ヤフーオークションでの購入履歴が通帳やクレジットカード明細など
に乗ってしまうためです。

 

通帳の支払いで、個人への支払いがたくさんあれば、確実に
これは何?と聞かれます。

 

1年に1枚とか数枚、商品券を購入します〜、
というケースであればばれずに税務調査が終わるかもしれませんが、
自己責任でお願いいたします。

 

通常、税理士事務所へ依頼すると、最初の例でいえば950円で経理処理されることになります。
1000円と経費にすると、税理士事務所が脱税を手助けしたことになり、
看板取り上げとなってしまうためです。

 

場合によっては、どうしても1000円でやってよ!
というと、仕事をお断りされることもあると思います。
(ちなみに、うちはお断りします。節税はOKですが、脱税はNGです。)

 

以上、名古屋の税理士事務所がお届けしました。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談