脱税がバレる反面調査・裏帳簿・隠し資産

脱税がバレる反面調査・裏帳簿・隠し資産

こんにちは。税務調査に詳しい税理士事務所です。

 

今日は、税務調査でどのようにして脱税がバレるのか、
その仕組みを紹介したいと思います。


前回の記事で、調査官との雑談から、
脱税がバレるケースを紹介しました。

 

雑談から脱税がバレるのか!?

 

今日は、反面調査・裏帳簿・隠し資産から脱税がバレる流れを
紹介したいと思います。

 

まずは、反面調査から紹介します。

 

反面調査は、実際にあなたの取引先へ税務署が取引の状況を
確認することです。

 

脱税しているダークな会社なんかと付き合わない!という理由かどうかはわかりませんが・・・
この反面調査のせいで、取引先から契約を打ち切られた!
なんて話もあり、税務調査の現場でもめやすいイベントです。
もちろん、脱税していれば一発で発見されてしまいます。

 

反面調査は、国税通則法第74条の2が根拠条文となっています。
これによれば、あなたと取引関係がある個人・会社に対して、
必要があれば調査ができる、と書かれています。

 

しかし、どういう場合に必要かが書かれておらず、
あいかわらず税金の世界は曖昧です。

 

ただ、少なくとも次のようなケースでは反面調査をされても文句が言えない
と思います。

 

 ・請求書や領収書を全部捨ててしまった ⇒ 調査しようがない
 ・明らかに帳簿がうそっぱちである ⇒ 証拠を掴む必要がある

 

実際に反面調査が行われる際は、取引先に対して事前に連絡され、
関係資料の確認がおこわなれます。

 

権利として、税務調査官は反面調査ができるのですが、
帳簿も真面目につくっていて、資料もきっちり保管していて何も
やましいことがないのに、嫌がらせのように反面調査をするぞ!
と脅されているような場合は、各地の税務署にいる

 

「納税者支援調整官」

 

に連絡しましょう。
納税者支援調整官は、税務調査に対する不満や調査官の態度に問題がある場合
など苦情を受け付けています。

 

こちらのリンク先(国税庁のホームページ)から確認ができます。
納税者支援調整官制度(クリック)

 

裏帳簿や隠し資産

 

次に、裏帳簿や隠し資産から脱税がバレるケースです。

 

裏帳簿は、脱税をしている場合に、税務署に見せる用の帳簿以外に作られた
実際に本当はいくら儲かっているかが乗っている帳簿やメモ帳などを指します。

 

普通、裏帳簿なんて作っている場合には、
絶対にバレないようにいつも肌身離さず持ち歩くカバンにいれているかもしれません。

 

肌身離さずもっているので、調査官から
「カバンの中を見せてください」

 

と言われることもあるでしょう。
これは見せる義務はないのですが、見せないと確実に疑われます。
やましい(脱税)ものがなければ、見せてしまったほうが楽ちんです。

 

家や高級車を買うと、脱税がバレる!?

 

必ずではないですが、バレるきっかけになります。
家を買うと、絶対に登記しますよね。

 

この登記情報は法務局から税務署に流れます。
税金を全然払っていない(利益が出ていない)のに、家が建つなんて
明らかにおかしい!!という疑いの目でチェックしています。

 

また、車を買うと自動車税を払いますよね。
税を管理しているのは税務署です。高級車を買ったくせに、
税金を全然払っていなければ、やっぱり脱税してるんじゃないか?
と疑われる原因になりやすいです。

 

以上、税務調査に詳しい税理士事務所がお届けしました。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談