リサイクルショップの税務調査のポイント

リサイクルショップの税務調査のポイント

こんにちは。リサイクルショップの税務調査に詳しい税理士事務所です。

 

リサイクルショップに税務調査が入った場合、
どのようなことがポイントになるか紹介したいと思います。


リサイクルショップの一番の特徴は(税務調査に関して)
現金売上・現金仕入の割合がとても高い!!

 

ということです。
ですので、売上を除外して利益を少なくしたり、
仕入を水増しして、利益を少なくしたりして脱税をすることが
簡単にできてしまいます。

 

だから、税務調査で調査官が来た際も、
売上と仕入に関しては特に重点的にチェックしていきます。

 

例えば・・・現金売上ですので、
ある売れた商品についてレジを打たずに販売して、
その代金を銀行にも預けずプライベートで使ってしまったとします。

 

さらに、その商品の仕入に関しても、
現金で購入していれば合わせて経理資料上(領収書も含め)抹殺してしまえば
帳簿・領収書から売上・仕入の除外を把握する術はなくなります。

 

仕入に商品 ○×▲ 1000円 と書かれていて、売上にも在庫にも ○×▲
についての記述がなければ、売上の除外の可能性がありますよね。

 

でも、この両方を抜いてしまえば・・・。事実は闇の中です。

 

このようにリサイクルショップの取引は調査官からすると、胡散臭さ大爆発です。
だから、普段から調査官が見ても、このリサイクルショップはちゃんと確定申告
しているな、と思われる書類を作成し、残していくことが税務調査で追加で
税金を取られることを防ぐことができます。

 

まず、売上については必ずレジで打ちましょう。
そして、レジレシートは必ず残しておきましょう。

 

次に、現金出納帳を必ずつけ、毎日の実際の現金残高と合わせましょう。

 

また仕入に関しても、現金仕入ですから、
現金で払ったことにして、架空の領収書を発行しまくれば、
いくらでも売上原価を増やすことができますよね。

 

でも、これ。バレます。
例えば、日々の売上による入金と現金からの出金。
この範囲内でしか仕入れることってできないはずですよね。
しかし、この金額を超える仕入を行っていれば、
その仕入資金はどこから出てきたの?

 

という話になります。
貯金を使ったといえば、その貯金はどうやって貯めたの?と突っ込まれ、
親に借りたといえば、贈与税だ!と言われかねません。

 

安易な脱税は、税務調査の調査官もその道のプロですので、ほぼバレます。
現金商売だからといって、油断しないでくださいね。

 

以上、リサイクルショップの税理士事務所がお届けしました。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談