マッサージ店の税務調査のポイント

マッサージ店の税務調査のポイント

こんにちは。マッサージ店の税務調査に詳しい税理士事務所です。

 

今日は、マッサージ店に税務調査の依頼の電話がかかってきた場合、
どのようなことを調査されるのか紹介したいと思います。

マッサージ店の税務調査のポイント

 

個人事業のマッサージ店や、会社で経営しているマッサージ店の場合でも、
数店舗で運営している場合には、税務調査は2日か長くても3日で終わります。
ほとんど2日で終わります。

 

マッサージ店で一番チェックされるポイントは、
なんといっても売上です。

 

なぜなら、マッサージ店の売上はほとんどが現金売上だと思います。
だから、やろうと思えば、現金で受け取った売上代金の一部を
そのまま自分のポッケにいれてしまえば・・・闇に消えてしまいます。

 

やはり現金商売の仕事をしていると、
調査官は絶対に疑いの目でチェックをしてきます。
(あなたを疑っているわけではなく、業界としてそういう傾向にあるためです)

 

では、実際にどのようにして売上の漏れがないかチェックされるか
紹介したいと思います。

 

税務調査1日目の午前は、雑談で終わることが多いです。
その雑談の中からも、売上除外につながる情報を入手しようとしています。
例えば・・・

 

「お店の調子はどうですか?」
「一日の売上はいくらくらいですか?月の売上は?」 ⇒ 帳簿上の売上とあってるか
「何人くらいの人が治療に来ますか?」 ⇒ 帳簿上の売上とあってるか
「どのあたりの市町村の人が来ますか?」 ⇒ 売上にその地域の人が入っているか

 

といったことを考えながら、聞いてきます。
そして、一番売上除外の発見につながるのが、

 

「治療の予約はどうやって管理していますか?」

 

という質問です。
どこのマッサージ店でも治療の予約がダブらないように、
スケジュール管理してますよね。

 

そこには、何月何日に誰がくるか書かれてると思います。
このスケジュール管理表と帳簿の売上を確認して、
スケジュール管理表には乗っているけど、帳簿の売上には載っていない人がいれば、
めでたく脱税発見。調査官が心の中でガッツポーズをする瞬間です。

 

税務調査は、経理の帳簿をチェックするだけではありません。
このように、経理の帳簿の元(売上・仕入・経費の管理資料)もチェックの対象
となりますので、覚えておいてくださいね。

 

今日は、マッサージ店の税務調査で一番ポイントとなる売上について紹介しました。
次は、マッサージ店の税務調査でよく確認される項目を紹介したいと思います。

 

マッサージ店の税務調査でのチェックポイント2

 

以上、マッサージ店の税務調査に詳しい税理士事務所がお届けしました。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談