ピアノ教室の税務調査のポイント2

ピアノ教室の税務調査のポイント2 名古屋の税理士

ピアノ教室を経営している場合の税務調査のポイントについて紹介します。

 

一番チェックされやすいのは、売上の漏れがないかです。
これについては、前回書いた記事を読んでみてくださいね( ´∀`)

 

ピアノ教室の売上は税務調査でこうしてチェックされる!(クリック)

ピアノ教室の税務調査のポイント

 

個人事業で経営しているピアノ教室の税務調査のポイントとして、
特にチェックされやすいポイントです。

 

 ・交際費、会議費、福利厚生費などの中にプライベートなものが入っていないか
 ・そのほかの経費に架空経費はないか?
 ・家賃などの家事按分割合は適切か?

 

順番に解説していきますね。

 

交際費・会議費・福利厚生費にプライベートなものが入っていないか?

 

個人事業主の方は、多かれ少なかれ、プライベートな飲食費用を
経費に入れている方もいるのではないでしょうか。

 

というか、やってますよね、このくらい。正直な話。

 

最近同行させていただいたある個人事業主の方は、
おにぎりやタバコといったコンビニで買った食事代を経費にいれていました。

 

また、家族でファミリーレストランや回転寿司で食べた際の領収書も
経費にしてしまっていました。

 

これらがバレる経緯としては・・・

 

領収書やレシートに記載されている購入した時間帯・日付・頻度がチェックされます。

 

毎日、夜10時にコンビニで買い物(主に食事)をしており、
ときどきトイレットペーパーや歯ブラシなどが混ざっていたとします。

 

すると・・・
毎日夜10時、誰と打ち合わせしているのですか?
プライベートで使ったものではないのですか?

 

と調査官が疑問をぶつけてきます。

 

さらに、誰かと打ち合わせをしたなら、その内容は何か?
その人に確認を取りたい、といったことを行ってきます。

 

歯ブラシやトイレットペーパーが混ざっているが、
本当に打ち合わせをしているのか?
それらは何に使ったのか?

 

と迫ってきます。

 

また、ファミリーレストランや回転寿司での飲食費用が会議費となっていれば、
やはり誰と打ち合わせをしたか、内容は何か確認されることになります。

 

これは以前あった話なのですが、
手帳の予定表を調査官がチェックしました。

 

その際、子供の誕生日パーティーというのが手帳に記載されており、
その日の夜に家族の人数と同じ人数が打ち込まれた飲食関係のレシートが見つかりました。

 

このようにして、経費の中にプライベートなものが混ざっていないかチェックされます
が、交際費・会議費の内容をみて、ほどほど(常識の範囲内)の回数・金額であれば、
通常はここまではチェックされません。

 

 

税金の世界は、知らないと損することが山ほどあります!

 

無申告だった方や自力で確定申告をしていた方の税務調査
を毎月、何件も引き受けていますが、もったいない(ToT)と
思うことがよくあります。

 

税金・税務調査の世界は

 

知っているか、知らないかだけの違いで、
大きく損をしてしまうことがあります。

 

税務調査で損をしないための交渉術や、確定申告の節税に役立つ
情報を紹介します。是非、参考にしてみてください( ´∀`)

 

以上、税務調査に強い名古屋の税理士事務所がお届けしました。

 

税務調査

 
TOP ご依頼の流れ 事務所案内 料金 お問合せ・ご相談